労働時間等の改善のための基準学習テキスト【令和6年改正改善基準告示版】

  • 重要

サムネイル画像はこちら


説明文はこちら

 令和6年4月から、「自動車運転の業務に対する時間外労働の上限規制(年960時間)」や「改正後の改善基準告示」が適用となりました。改善基準告示は、長時間労働の実態にある運転者について、労働時間等の労働条件の向上を図るため、労働基準法に基づく労働時間規制とは別に、その業務の特性を踏まえて拘束時間、休息時間、運転時間等の基準を定めたものです。運転者の長時間労働の改善は、労働者自身の健康確保のみならず、国民の安全確保の観点からも重要です。
 このテキストは厚生労働者が作成しており、運行管理者やトラック運転者のみなさまに学んでいただきたい改善基準告示に定められている項目をわかりやすく説明していますので、是非ダウンロードしてご活用ください。

添付資料はこちら

啓発資料

教育関連 (啓発資料)

事業用トラックの飲酒事故事例(年別)
飲酒運転の根絶を目指して(リーフレット)
「交通労働災害防止のためのガイドライン」のポイント
飲酒運転根絶に向けたトラック運送業界の取り組みの強化について(リーフレット)
[運行管理業務と安全]マニュアル
自動車運転者の労働時間等の改善のための基準 教育・研修マニュアル基礎編・応用編(※旧改善基準告示)
自動車運転者の労働時間等の改善のための基準 基礎編・応用編(※旧改善基準告示)
労働時間等の改善のための基準学習テキスト【令和6年改正改善基準告示版】
解説書 トラック運転者の改善基準告示ー2024年4月適用ー
新たに運転者を雇い入れた場合には