2024年4月より、募集時等に明示すべき事項が追加されます(職安法施行規則が改正されました)

  • 重要

 求人企業・職業紹介事業者等が労働者の募集を行う場合・職業紹介を行う場合等には、募集する労働者の労働条件を明示することが必要ですが、2024(令和6)年4月1日からは、新たに以下の事項についても明示することが必要となります。詳細については、当ページの下段にあるリーフレットやパンフレットをダウンロードしてご確認いただくか、厚労省ウェブサイトや無期転換ポータルサイト等をご利用ください。

 労働契約の締結・更新のタイミングの労働条件明示事項が追加されます
対象明示のタイミング新しく追加される明示事項
 全労働者 全ての労働契約の締結時と
 有期労働契約の更新時
1.就業場所・業務の変更の範囲
 有期契約
 労働者
 有期労働契約の
 締結時と更新時
2.更新上限の有無と内容
(通算契約期間または更新回数の上限)
 併せて、最初の労働契約の締結により後に更新上限を新設・短縮する場合は、その理由を労働者にあらかじめ説明することが必要になります。
 無期転換ルールに基づく
 無期転換申込権が発生する
 契約の更新時
3.無期転換申込機会
4.無期転換後の労働条件
 併せて、無期転換後の労働条件を決定するに当たって、就業の実態に応じて、正社員等とのバランスを考慮した事項について、有期契約労働者に説明するよう努めなければならないこととなります。

 

資料

 

WebSite

法改正等

お知らせ (法改正等)

2024年4月より、募集時等に明示すべき事項が追加されます(職安法施行規則が改正されました)
事業者間の遠隔点呼の先行実施要項について
「整備管理者制度の運用について」の一部改正【行政処分の強化】について
整備管理規程(例)が変わりました
「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正について
令和6年4月1日から改正された改善基準告示が施行されます【改善基準告示に関するQ&Aを追加掲載】
巡回指導の総合評価がD・E評価事業者に対する行政の監査強化について
トラック運転者の長時間労働改善特別相談センターの継続設置のご紹介(厚労省)
「貨物自動車運送事業輸送安全規則の解釈及び運用について」の一部改正について
「貨物自動車運送事業者に対する行政処分等の基準の細部取扱いについて」の一部改正について