遠隔点呼が実施できるようになりました

  • 重要
自動車運送事業者は、運航の安全を確保するため、事業用自動車の乗務前・乗務後の運転車に対し、原則「対面」による点呼を行うこととなっております。従来、カメラやモニターを用いて点呼をおこなう「IT点呼」が実施できますが、輸送の安全に関する取組が優良であると認められる営業所に限られたものでした。
今般、「使用する機器・システムの要件」「実施する施設・環境の要件」「運用上の遵守事項」等を設定することで、これらの要件を満たす営業所において、営業所の優良性に関らず、遠隔拠点間(営業所ー車庫間、同一の事業者内の営業所間、グループ企業の営業所間)の点呼を実施可能とする遠隔点呼制度を令和4年4月1日より開始します。
遠隔点呼制度の内容については、下記のファイルをダウンロードしてご確認ください。
 
法改正等

お知らせ (法改正等)

自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアル一部改訂について
令和5年1月4日からの車検証の電子化に伴う通達について
令和6年4月1日から改正された改善基準告示が施行されます
乗務後自動点呼が実施できるようになります
乗務後自動点呼要領案に関する意見募集について(国交省)
令和4年10月よりパート・アルバイト従業員の社会保険の加入条件が変わります
「タクシー事業者による食料・飲料に係る貨物自動車運送事業の許可の取扱い等について」の一部改正について
異常気象時(台風等)は運行中止も視野に・・・
2023年4月1日から月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が引き上げられます
トラック運転者の長時間労働改善特別相談センターのご紹介(厚労省)