「自動車事故報告書等の取扱要領」の一部改正について

運転者の疾病により、事業用自動車の運転を継続できなくなった事故にあっては「自動車事故報告書等の取扱要領」により報告することになっておりますが、睡眠時無呼吸症候群が原因と疑われる事故について、報告が行われていない状況です。
今般、「睡眠時無呼吸症候群が疑われる居眠り運転」「漫然運転」を伴う事故が発生した場合、自動車事故報告書に疾病名を明記し報告するよう、国土交通省自動車局長より、「自動車事故報告書等の取扱要領」の一部改正について通達が発出されました。
詳細につきましては、下記添付ファイルをご参照ください。
 
自動車事故報告書等の取扱要領【全文】(PDFファイル)
法改正等

お知らせ (法改正等)

令和4年10月よりパート・アルバイト従業員の社会保険の加入条件が変わります
「タクシー事業者による食料・飲料に係る貨物自動車運送事業の許可の取扱い等について」の一部改正について
異常気象時(台風等)は運行中止も視野に・・・
2023年4月1日から月60時間を超える時間外労働の割増賃金率が引き上げられます
自動車の積載の制限及び大型・中型免許取得の受験資格が変わりました
整備管理規程(例)が新しくなりました
重量物を輸送するトレーラの基準緩和の期限が延長されました
「自動車事故報告書等の取扱要領」の一部改正について
自動車運送事業者が運転者に対して行う一般的な指導及び監督の実施マニュアルが一部改訂について
遠隔点呼が実施できるようになりました